L O A D I N G
blog banner

十分な開業資金やノウハウが無い人でも始められるフランチャイズはある?

チェーンの小売業や飲食業なら最小限の資金で開業可能

十分な開業資金やビジネスに関するノウハウの無い人がフランチャイズ事業を始めるにあたっては、充実したサポートをしてくれるフランチャイズ本部を見つけることが何よりも大切です。たとえば、全国チェーンの小売業や飲食業を手掛けるフランチャイズ本部の中には、数百万円の開業資金を工面することで、すぐに店舗運営を始められるシステムを採用しているところが多く見られます。そこで、開業後に順調に収益を伸ばしたい人は、将来に向けてきめ細やかなサポートをしてくれるフランチャイズ本部の説明会やセミナーに参加をすることがおすすめです。また、機会があればすぐにフランチャイズ事業を通じて多額の収益を得ているオーナーに直接体験談を聞いてみるのも良いでしょう。

長く事業を続けられそうな業種を探してみよう

近い将来にフランチャイズ事業を始めたい時には、数あるフランチャイズの業種のうち長く事業を続けられそうなものを選択することがポイントです。たとえば、参入障壁が低い飲食業や小売業については、フランチャイズビジネスの初心者も挑戦しやすいものの、エリアによってはライバル店との競争が激しくなることもあるため、本部の担当者と相談をしながら長期的な戦略を立てることが重要となります。一方で、クリーニング店や学習塾などのサービス業については、開業資金が安く済む傾向がありますが、収支が安定するまでにある程度の期間が掛かるケースが目立ちます。そうした中、理想的な形でフランチャイズ事業を進めるうえで、早い時期に各地のフランチャイズ本部が集まる起業家を対象としたフェアに足を運ぶのもおすすめです。

日本では代理店契約と販売店契約が混同して使われる場合があります。実際は違う契約の形態なので確認しておくことが大切です。