L O A D I N G
blog banner

効果的な社員研修を実施するために必要なことは?

それぞれの社員の役職や経験に応じて研修を企画しよう

効果的な社員研修を実施するうえ、研修を受ける社員の役職や経験などを考慮して、日々の業務に役立つテーマを考えることがとても重要となります。特に、専門的なスキルが求められる職種の研修を行う場合には、外部から専門家を招いたり、社内の研修担当者の教育を徹底して行ったりすることが大切です。最近では、一人ひとりの社員の積極性を高める目的で、座学に限らずグループワークやプレゼンテーションを研修に採用している企業の数も増えています。なお、研修の効果の現れ方は、それぞれの社員の経歴や能力などによって大きな差がありますが、研修後もそれぞれの職場で管理職が中心となってフォローアップをすることが成功の秘訣となります。

インターネットを利用した研修の方法も取り入れよう

営業職など社外で仕事をする機会が多い職種については、日時を定めて集合研修を行うことが難しいケースもあります。そうした問題に対処するため、インターネットを利用した研修の方法を積極的に取り入れると良いでしょう。例えば、eラーニングをはじめとした研修の方法は、それぞれの社員が業務の合間に研修を受けることができるだけでなく、自分の苦手な分野を繰り返して学習できるといったメリットもあります。こうした研修の方法を採用する場合には、パソコンやタブレットなどの使い方について一人ひとりの社員に教育を行う必要もあるため、余裕を持って研修の計画を立てることが肝心です。その他、必要に応じて研修を受ける社員にヒアリングをして、研修中に学びたい内容についてリサーチをするのも良いでしょう。

管理職研修は、上司としての立ち居振る舞いを学ぶ事はもちろんですが、近年話題になっているパワハラやセクハラについても学びます。