L O A D I N G
blog banner

起業は一人でもできる?仲間を作るメリットは?

起業するだけなら一人でもできるが大変

起業したいと思ったら自分一人でもできるのは確かです。極端な話をすれば、事業を決めて個人事業主として届出をしてしまえば良いだけだからです。ただ、成功しようと思うと実は大変で、いかにして儲けられるビジネスモデルを考え出し、その事業を行うための資金調達を行うかというところからかなりの苦労があるでしょう。さらに事業を開始してからも多岐にわたる業務を一人でこなさなければならず、忙殺される日々を過ごさなければならないかもしれません。わからないことがあったらその都度学ばなければならないのも大変な点です。しかし、起業するときに仲間を見つけておけばこの問題は解決できるでしょう。

仲間がいれば適材適所が可能

起業するときに仲間がいると分業することができます。適材適所で必要な仕事をこなしていけば効率的に起業して事業を展開していくことが可能です。重要なのは同じ能力を持っている人が何人も集まるよりも、全く違う力を秘めている人が若干名だけ集まった方が上手く分業ができるということです。マーケティングが得意な人もいれば、研究開発ならできるという人もいるでしょう。資金調達に詳しい人もいれば、経理業務に長けている人もいます。そのような別々の能力を持っている人が集まって起業できるとスムーズに様々な業務を進められるのです。仲間を探して負担を軽減できるようにしてから起業しようと思ったら、できるだけ自分とは違う能力を持っている人を探すように心がけましょう。

フランチャイズは加盟する人や法人が本部から看板やサービス、商品を使用する権利をもらい対価を支払う仕組みのことです。加盟店は本部が持つ経営ノウハウを利用して効率的に事業を展開できます。