L O A D I N G
blog banner

利用を考えている人必見!貸し倉庫の利用における見極めのポイント

費用と安全面のバランス

需要の増加に伴って貸し倉庫を利用できる場所は増えています。しかし、一口に貸し倉庫と言っても業者によって利用の条件や金額が異なるので特徴についてしっかりと理解を深めておかなくてはいけません。

中でも重要となるのが費用と安全性のバランスです。一般的に貸し倉庫の管理は監視カメラや警備員の巡回によって守られていますが、費用の安さに特化している場合には、こうした防犯管理が徹底されていないケースも少なくありません。また、屋外と屋内で防塵や防湿などの環境の影響の受けやすさも変わるので、値段の安さだけでなく快適に使用できるかも確認しておくことが大切です。

預けられる物を確認しておく

貸し倉庫は文字通り自身の持ち物を預けられる場所ですが、代金を支払って利用する権利を得たからといって何を預けても良いというわけではありません。

業者によって預けられる荷物が決められていて、それ以外の物を無断で預けてしまうと契約違反として使用の権利を失ってしまうこともあるので注意が必要です。特にバイクや自転車など大型の荷物は判断が分かれるので、契約を交わす前に自分の希望する荷物が預けられるかを調べておくことが重要になります。

万が一の時の保障の有無

利用をする上で忘れてはいけないのが万が一の時の保障についてです。屋外の貸し倉庫の場合、契約をしていない人でも自由に敷地内の出入りができるケースも少なくありません。防犯カメラや巡回によって守られてるとはいえ、不特定多数の人間が出入りしていることで、盗難などのトラブルが起きることもあります。

万が一の時に保険の適用によって保障が受けられるかどうかも大事な見極めのポイントです。

物流作業を効率的に行なうには、人や物の動線を考えたレイアウトが大切です。例えば入庫ヤードと出庫ヤードを対角線上に配置すれば、荷物を直線的に動かす事が可能になり、大幅な効率化が図れます。