L O A D I N G
blog banner

どうやって選ぶべき?倉庫のうまい選び方とは

倉庫に入れるものを確認する

荷物が室内の収納だけではしまいきれない場合や庭で使う用具をきれいに片づけたい場合などには、倉庫、いわゆる物置が設置されていると便利です。倉庫はホームセンターなどで購入することができるのですが、家庭用の倉庫ではしまうことに適していないものもあります。レジャーやアウトドア用品や大工道具、園芸用品、タイヤなどをしまうのには適しています。しかし、基本的には食料品や衣服、本・写真などは、防水性や湿度・温度の観点から適していません。

まずはサイズを確認する

倉庫を選ぶ際には、まずは物置のサイズを確認しなければなりません。サイズが大きすぎる場合は、設置スペースや作業スペースの関係で購入することができないうえに、サイズが小さすぎれば、収納したいものが入りきりません。基本的に、設置場所の前後には20から30センチメートルの余裕が必要です。そのうえで、幅や奥行き、高さ、屋根の大きさなどを確認します。

扉の開き方を確認する

倉庫には様々な扉の開き方があります。最も便利な扉の開き方は、観音開きの全面開口タイプです。内容物も見やすく、ものも取り出しやすいですが、設置スペースに余裕がなければ使用できません。2枚引き戸タイプは、扉を開くことで、倉庫の中身が半分だけ見えるタイプです。氷人タイプであり、設置場所を選びません。このほか3枚扉や片引き込みの2枚扉タイプなどがあります。

棚のタイプを確認する

倉庫の棚の作りもそれぞれです。倉庫内の全面が棚になっているタイプは、段ボールやツールボックスの収納に適しています。一部分が棚となっていないものもあり、スキー板やバッドなどの長物を収納する際に便利です。

3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)とは企業が企業内にある業務の中から、物流部門全体もしくは一部を第三者の企業に委託することを言います。