L O A D I N G
blog banner

初心者でも簡単に自作することができる電気製品とは

簡単に作りたいなら照明器具がおすすめ

電気製品は、専門的な機材をそろえた工場でなければ作ることができないと思われがちですが、実はいくつかのものは意外と簡単に自作できます。その代表格が照明器具で、幼少期に学校で実際に作った経験があるという方も多いのではないでしょうか。もちろん、アンティーク調のシャンデリアのように凝ったものを作るのは難しいのですが、辺りを照らせるシンプルなものでよければ、ソケットとコンセントプラグ、コードがあれば手軽に作れてしまいます。いずれも少し大きめのホームセンターに行けば手に入りますし、通販でも購入可能なので、まずは材料をそろえるところから始めてみるとよいでしょう。

自分だけのオリジナルのデザインの照明を作れるため、デザインセンスに自信がある方は、ぜひお洒落な照明づくりに挑戦してみましょう。出来が良いものは、スマホのフリマアプリなどで結構な金額で売ることができますので、ちょっとした小銭稼ぎにもなります。

キットを使ってラジオやスピーカーを作ろう

一から作り上げるのはそれなりに大変ですが、あらかじめ材料が用意されているキットを使えば簡単に製作できる電気製品がラジオとスピーカーです。いずれも説明書に従って組み立てていくだけなので、小学校高学年くらいから作ることが可能です。親子で一緒に作って絆を深めたり、夏の自由工作の素材にするのもおすすめです。もちろん、出来上がったものは実際に使えますので、自作のラジオで音楽を聴きながらリラックスするというのもよいでしょう。

プリント基板設計は、CADを活用して自動化され、作業効率が向上しています。しかし、操作の習得が必須であるため、人材育成が重要な課題です。


2020年10月9日

 

2020年10月1日