L O A D I N G
blog banner

EC物流は委託が基本!契約をしてスムーズに!

EC物流は委託するのが無難

ECによる販売チャネルを増やすときには、今まで自社での物流経路を持っていないことがよくあります。自社製品を保管する倉庫は持っていたとしても、固定されている取引先から取りに来てもらったり、配送したりする形が完全に整ってしまっていて、その例外となる顧客への配送まで担うことは難しいでしょう。その対応のために人材を雇い、配送車の手配をするとかなり初期コストもランニングコストも高くなります。管理も負担が大きくなることから、EC物流は委託するのが無難です。オーダーに応じて配送してもらえるように物流に関して委託契約をして運用すると、ECによる販売をスムーズに導入できるようになります。

委託契約のポイントとは

EC運営をするときの物流の委託契約ではターゲットにする顧客層に応じた契約先を選ぶのが最も大切です。全国各地のあらゆる消費者をターゲットにするのなら、全国の戸別配送をしている宅配業者に任せるのが良いでしょう。一方、一定の地域だけをターゲットにする場合には地元の配送業者に依頼した方が費用が安く、地域事情も理解していてタイムリーな配送を実現してくれる可能性が高いと考えられます。また、企業へのEC販売をする場合にはBtoBの配送サービスを中心軸にしている配送業者と契約するのが合理的でしょう。このようにどのようなECを運営していくのかによって委託契約をすべき業者も異なります。全体を一括して任せられる業者に委託してスムーズに取引できるようにしましょう。

EC物流は、ネット通販の利用者の拡大や、全国の運送会社の業務効率化やサービス向上などの影響でますます活発になっています。