L O A D I N G
blog banner

派遣の運転手になるメリットにはどういったものがあるのか?

正社員の運転手と比べて休日を取りやすい

派遣の運転手になる場合には、正社員の運転手と比べて自分の都合に応じて休日を取りやすく、仕事の疲れをしっかりと解消できるというメリットがあります。また、登録先の派遣会社によっては、一日あたり二時間から三時間程度の短い時間の勤務を希望できることもあり、定年退職をした人や、育児中の人も空き時間を使って稼ぐことが可能です。最近では、運送業界やタクシー業界など様々な業界で派遣の運転手に対するニーズが高まっており、年齢が高い人や実務経験が少ない人も仕事先に困らないといった魅力もあります。なお、キャリアが長い派遣の運転手は、新しい職場で高い時給で働くことができたり、優良企業に好条件で正社員登用されたりするケースもあります。

派遣会社の担当者に希望に合う職場を紹介してもらえる

派遣の運転手は、基本給やボーナス、福利厚生などの面で正社員より劣ることがありますが、派遣会社の担当者に自分の希望に合う職場を紹介してもらえるため、就職活動の手間を省くことが可能です。特に、普通車の二種免許を持つ人は、タクシーやハイヤーなどを運行している会社から頻繁にオファーが来ることがあり、職場のえり好みをすることもできます。派遣の運転手の働き方は、日勤や夜勤など色々なものがありますが、勤務先によっては夜勤手当や特殊業務手当など正社員と同額の手当が支給されることもあります。そのため、派遣の運転手として安定した生活を送りたい人は、それぞれの求人先の運転手の主な勤務体系や勤務日数について比較してみると良いでしょう。

運転手の派遣は、正社員よりも出勤日や一日あたりの労働時間などの融通が利きやすいことや、高度な運転技術を求められないといった利点があります。